Photo_J Zenpukuji-02-1 of kojima-net.jp

Takumi's stroll photograph
collection

Since 2002

.................

 善福寺公園に行くには、女子大通りの女子大前交差点から東京女子大の東側のケヤキ並木に沿って歩く。
道が大きく左に曲がるところで真っ直ぐに急な坂を下りれば、そこは善福寺公園の下池である。
 右に回れば、善福寺川水源の蓮池とその下の水門に出会う。
 善福寺公園の上池に行くには左に回る。アシの茂る下池を右に見ながらラクウショゥの間を抜け、サクラの木の下を通りエンジュの広場を抜け、トチノキの下を抜け、早稲田通りを渡れば、そこは善福寺公園の上池である。

 DiMAGE X を持って今日は善福寺公園に出かけることにした。
 家からすぐ北に向かい、本宿小学校の角を右に折れて叉すぐ左に折れ、真っすぐに進むと東京女子大の東南の角にある四つ角に出る
  そのまま真っすぐに交差点を渡り、東京女子大の柵状の塀に沿って唯ひたすら真っすぐに進む。
  道が大きく左折するところで、曲がらずにまた真っすぐに進むと急な坂になるので、降りるとそこは善福寺公園の下池(しもいけ)である。
善福寺公園に行くにはこの道が最も近い道で他にはなく、井の頭公園に行く道が沢山あるのとは違っている。

02_09_11_12-30_jpg.jpg


 下池には蘆(アシ・ヨシ)が生い茂って、昔の面影を色濃く残しる。アシはよく管理されて一定のエリアに植え込まれている。
岸に沿って右に回ると、イタヤカエデに続いて大きなメタセコイアの林がある。
 メタセコイアは落葉高木で、秋が終わると茶色になった葉もすっかり落ちて、寒々と枯れ尖った樹形を見せるようになる。間もなくである。

02_09_11_12-35_jpg.jpg

02_09_11_12-37_jpg.jpg

  メタセコイヤの林を抜けると、左側の小道に糸杉が列状に現れる。その何本目かの木の西側に嫁菜を見ることができるはずだ。
 私の家に移植した嫁菜の生えていた所であるが、その後公園管理事務所の作業員にすっかり刈り取られて見えなくなっていたが、近づいてよく見ると若葉が芽を出していて、濃い緑色の独特の葉形から関東嫁菜だと確認することが出来た。

02_09_11_12-38_jpg.jpg

  関東嫁菜の若葉は虫にも食われず奇麗であった。
 いったん公園の作業員に成草が刈り取られた後に再び芽生えたもので、瑞々しい若葉を見ることが出来た。
 もと生えていた場所を探して、やっと低い姿を見つけることができたのは、私が葉の形や茎の伸びる姿を目の底に焼き付けて覚えていたからである。

  しばらく歩いてから信号のある道を越えると、上池(かみいけ)に入る。東側、左に道をとって進むとすぐ、池の縁で、鎖の下に関東嫁菜が生えていたところに出る。一見無くなったように見えたが、草丈の低い状態で残っていた。ここも再生した関東嫁菜と思われる。 
 池の周りを回る歩道の端で人目に付きやすく、知る人にとっては採取の格好の